1. HOME >
  2. 2010年3月の記事

2010年3月の記事

佐渡魚市場情報(3/23)

しけが多く魚は少なめです。

さごし(さわらの幼魚)、が両津湾の定置網で獲れています。
毛ガニも多く出ています。
西海岸では、産卵にやってくるやりいか漁が盛んです。
メバル(特にウスメバル)が多く見えます。
さくらますが出てきましたが今年は少なめです。
水たこはあまり出ていません。
ひらめ、真だいなどの白身は少ないです。
南蛮えびも不漁です。
たらばえびが少し見えます。
さざえ、アワビ類も少ないです。

寿司ネタとなる魚が少なく苦労しています。
いろんな魚に目を向けて、なんとか安く出せるよう頑張っています。

魚市場情報 | 2010.03.25

佐渡魚市場情報(3/1)

3月に入り獲れる魚が一変しました。
水温が一年で一番低く、魚がもっとも少ない時期です。

まだらは、ほぼ産卵を終え少なくなりました。あんこうは、暖かくなるに連れ需要がなくなり安くなりました。真イカは、少なくなりサイズも小さくなりました。
やりいかは、これから子持ちになり身が薄くなります。ぶりはほとんどなく2~3kgもののワラサ(幼魚)が獲れています。
これから旬のめばる類が見えます。わかめ、めかぶが出始めました。

また両津湾ではここ2,3日真サバが大漁です。
脂がのる時期ではありませんが、高値がついていました。

うちでは、新鮮なさばを仕入れて生サバの握りをつくりました。

①朝とれたサバをさばき

②吸水シートで、1~2時間しめます。

③身の締まった生サバの握りの完成です。

魚の話 魚市場情報 | 2010.03.02